Entries RSS Comments RSS

妊娠中にかかりやすい腎盂炎の症状と原因

10月 1st, 2014

妊娠は女性にとってとても嬉しいことですが、体調も変化しやすいので、いつも以上に体調管理は気を使う必要があります。

そして、体調の変化としては寒気もあげられますが、その場合も様々な症状が考えられます。

そして、寒気を引き起こす症状のひとつに腎盂炎があげられます。

女性は男性と比べて尿道が短いなど体の違いもあり、尿路感染症も起こしやすくなっていますが、特に妊娠中はお腹が大きくなってくることもあり、膀胱を圧迫しやすく、便秘も起こりやすくなるので、腸内も圧迫されこうした原因により膀胱炎の症状が出やすくなり、それが悪化すると腎盂炎が起こりやすいので注意したいものです。

膀胱炎は、何度もトイレに行きたくなる、排尿痛がある、残尿感があるなど様々な症状が出てきます。

そして腎盂炎の症状としては、激しい寒気や震え、38度以上の高熱や尿の濁りなどがあらわれます。
さらに、背中や腰に鈍痛が生じる場合もあります。

それゆえに、膀胱炎のような症状が出たら、悪化しないうちに早めに医療機関に相談するようにしたいものです。

妊娠中は薬を飲むことに抵抗を感じることもありますが、医療機関では安全性の高い薬を処方してもらうこともできますので、我慢せずに早めに診察は受けておきたいものです。

これは妊娠初期症状なの?

9月 30th, 2014

妊娠初期に微熱や基礎体温の高温期が続くことはよく知られています。体温の高温とともにめまいや頭痛といった症状を感じる人もいます。

微熱が続くことから寒気を感じて一見すると風邪のような症状に感じることもあります。すでに妊娠していることがわかっていればよいのですが、風邪の症状だと思い込んで誤って薬を飲んだりすることのないように注意が必要です。

ただし、あくまでも微熱の状態が続くのは初期症状だとしても、38度近くの高熱が出て寒気を感じるという場合には妊娠初期の症状とは別のものになるのですぐに医師の診察を受けたほうが良いです。

初期症状としては、着床してから1週間から2週間ほどでいろいろな症状が出始めます。基礎体温が高温期に入りだすのもこのころからで、本来の生理予定日に何だか熱っぽく感じる症状が続きます。

寒気は夏でも寒く、長そででなければ過ごせないという人や、冬の暖房の中でも寒くてたくさん着こまないと過ごせないという人もいます。

風邪ではないのに寒さを感じる時には、体の温まる料理のレシピなどを工夫してみるのもおすすめです。初期には貧血にもなりやすいので、めまいなのか貧血なのか判断しにくい場合は迷わずに医師に相談するようにします。

妊娠中に感じる寒気の危険性

9月 29th, 2014

妊娠すると体に劇的な変化が現れます。寒気の妊婦さんがよく敬家院する症状のひとつです。
妊婦さんが感じる悪寒には、実はいろいろな種類があります。まず、女性の性周期には基礎体温が関係していて、低温期と高温期があります。妊娠すると高温期が続くので、体温が高いことで悪寒を感じるケースはよくあります。
また妊婦さんの体では赤ちゃんを守る羊水がどんどん作られて水分量が増えますし、循環する血液の量も増えてきますがヘモグロビンの量は変わらないので結果的に血液中のヘモグロビンが少なくなって貧血状態になり寒く感じる人もいます。

それに貧血状態ですと体が疲れやすくなり寒気を感じやすくなります。相対的にヘモグロビンが少なくなるタイプの貧血は妊婦さんの生理現象のひとつですが、貧血で怖いのは立ちくらみなどで倒れてしまうと大切なお腹に衝撃を与えてしまうことです。それに血液の量自体が少ないタイプの貧血ですと赤ちゃんの発育に影響を与えてしまうこともあり、種類によっては危険性が潜んでいる悪寒もあります。
また妊婦さんの腎臓は二人分の血液をろ過するのにフル回転していますので、ちょっとした疲れなどが引き金になって腎盂炎などを起こしやすくなっています。腎臓のトラブルで発熱し、寒気を感じた時は早めに受診して医師の指示を仰がなくてはなりません。

これは風邪?妊娠の初期に感じる寒気

9月 28th, 2014

人によって妊娠した時の症状、感じ方が異なるというのはよく聞きますが皆さんは如何だったでしょうか。妊娠はまさに新たな生命を生み出す瞬間の出来事なので身体に異変がおきるのもごくごく当然のことです。

人によっては発熱したり、湿疹が体中に出来たり、眩暈、倦怠感を引き起こす、など症状は様々です。中には寒気を伴い、発熱する人もいるので時に医者からは風邪と誤診される方もいます。

季節が冬だったり、働いている方だと寒気や発熱を風邪の症状と勘違いしやすく、さらに生理不順の方だとさほど深刻に考えない傾向が強く、妊娠の初期症状を見逃しがちで時に危険な状態に陥ることもあるので要注意です。

性行為等で心当たりがある方で、生理不順や前述した症状が出た時には市販の検査薬でまずは確認することをお勧めします。もし検査が出来ないのであれば、とりあえずしばらくは激しい運動を避け、寒さを防ぐことを心掛けて下さい。

一番怖いのは自分の体の異変に気づかずに過度な負担をかけてしまうことです。

抵抗力が落ちて普段ならば問題ないような病気でも流産につながる場合がありますし、場合によっては妊婦が服用してはいけない薬を見極め、漢方薬など特別な処方をしなければなりません。まずは体調に変化があった場合は慎重に様子を見ることが大切です。

妊娠初期のつわりの症状

9月 27th, 2014

初期の段階でつわりが発生します。
早ければ4週頃から始まり10~12週頃までにはおさまるが、16週頃まで続く場合もあります。
原因としては妊娠という特殊な状況が体の中に生じたために体が起こす反応と解釈されています。
また、ホルモンが関係しているとも考えられており、体が妊娠の状態に慣れてくるとおさまると考えられています。
症状は個人差があり軽度済む人もいれば重症になる人もいます。
一本的な症状は寒気やにおいに敏感になりいつも食べてたものが食べられなくなったり
味覚も変わってしまうことがあります。
何となく体がだるい、寒気がするという程度から吐き気、嘔吐などの消化器症状が主に現れます。
頭痛や下痢などを伴うことがあります。
食事については空腹になると余計に症状が強くなり、人によっては少量の食事を食べ続けて太ってしまう人もいます。
また、食事だけでなく水分も取れなくなり尿量が少なくなり、脱水症状を起こす場合もあります。
食事もあまり食べられなくなり体重が2~3キロ減ることもあります。
妊娠経験が過去にある人でも症状は一律ではなくその都度、違うので過信せずに病院などで相談をしたほうが赤ちゃんや自身のためにも良いです。

妊娠中に寒気が起きる原因

9月 26th, 2014

妊娠中に寒気が起こる原因の一つに貧血があります。

妊娠中に起こる寒気は、とても危険な兆候の一つとなっています。
その原因でもある貧血は、体内の血液が不足する事で起こる訳ですが、通常の状態で起こるよりも危険だと認識した方が良いでしょう。
血液が不足してしまうと、当然のように胎内にいる赤ちゃんへの栄養の供給も不足してしまうのです。
栄養が不足すると、赤ちゃんの成長や発達に支障が出て、発達障害を起こしてしまう可能性があるのです。
それに血液が不足してしまい、倒れてしまったら最悪、流産になってしまうという事もあるでしょう。

寒気を感じる時は、何かしらの危険な兆候がありますので、見逃さないように健康を考えなければなりません。
特に妊娠すると、赤ちゃんにも栄養が送る必要があるため。血液の水分自体は増えるのですが、ヘモグロビンが不足して薄い血液になっているのです。
ですから、多くの妊婦が悩んでいる症状であり、息切れ、めまい、だるさ、立ちくらみ等も感じやすい体になりますので、身体にあまり負担を掛けない生活を送らないといけないでしょう。

少しでも危険だなと感じたら、安静にするようにして、日頃から食事などにも気を遣って生活して下さい。

妊娠初期の寒気と冷え対策

9月 25th, 2014

妊娠の初期に感じる独特の症状があります。
それは、寒気です。
寒気の感じ方は人それぞれですが、ゾクゾクッ!ブルブルッ!とするような冷えを感じるのです。
熱はないのに鳥肌が立つような現象が見られ、まるで風邪を引いたかと思うようです。
この妊娠初期に起こる寒気の原因は、風邪による冷え、妊娠中の体温上昇、貧血などがあります。
一つの原因で起こる人もいれば、原因が複合的に重なる人もいます。
初期においては高温期が長く続きますが、自分の体温のほうが外気温より高くなることから、冷えを感じるのです。
冷えに対処するためにはできることがあります。
まずは体を温めることですが、特に冷えやすいお腹や腰回り、手足などをよくあたためることが必要です。
寝る時に靴下を履いて寝るのもよいですし、風呂上りは湯ざめに注意することができます。
こうした対策によって冷えを克服することができます。
冷え対策では、体の芯から温めるように工夫することです。
冷えは万病のもとといわれますので、少しでも異変を感じたら早めに対処するよう心がけましょう。
体内の血液が不足することに起因する冷えの場合は、胎児への悪影響が甚大である場合もあります。
貧血を認識できる症状を感じたら、素早く対処しなければなりません。