妊娠の寒気は血行を良くすることが有効

妊娠の寒気は様々な原因から生じます。

me例えば妊娠の初期にはホルモンバランスの関係で体温が高くなって寒気を感じたり、また冷え症や脳貧血も妊娠初期に起きやすくなります

このような寒気に対処するには、やはり血行をよくして体を温めることが大切です。

ぬるめのお湯でゆっくりと体を温めるのもいでしょう。夏場でもエアコンの温度設定には注意して冷やしすぎにならないようにしてください。

また体を温める食事をよくとるのも有効です。生姜は体を温めますから、生姜湯などをつくって飲むのもいいようです。

その他、風邪のときに体を温めるのと同じで、足元を冷やさないように厚めの靴下を履いたり、背中も肩掛けをするなど工夫しましょう。

足に湯たんぽをして温まるのもいいですね。

冷えや寒気はお腹の赤ちゃんにとってもあまりよくありません。血流が悪くなって栄養がしっかりといきわたらないということもあるようです。

また冷えは便秘につながることもあります。

妊娠中に便秘に悩む人は多いようですが、これは女性ホルモンのバランスが変化することや、胎児が大きくなるにつれて腸が圧迫されるためです。

つまり、通常でも妊婦は便秘になりやすい要因があるのですが、これに冷えによる寒気が加わるとかなりつらい状態になります。

冷えは腸の運動も鈍くし、便がスムーズに出口まで送り出されなくなり便秘になるのです。

妊娠初期の苦しい症状として、寒気、便秘、つわりがよく言われるのはこのためです。

それでも、体をよくあっためて寒気対策をすれば、それが便秘対策にもなるのですから、苦しい症状も一度に軽減できることになります。

普段暑がりの方も妊娠中は別と考えて、努めて体を温めましょう。また夏でも好きだからと言って、冷たいものばかり食べることのないように気をつけたいものです。

寒気に気づいたら、早めに対処したいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ